ぱん子のブログ

がんばりすぎない、ゆるっとしたブログ

[映画]永遠の0

  2013年12月公開。主演は岡田准一

百田尚樹による小説が原作となっています。


www.youtube.com

 

2004年、佐伯健太郎は26歳になっていたが司法試験に4年連続落ち続け、なかば諦めモードの中、毎日をダラダラ過ごしていた。

そんなある日健太郎の祖母、松乃が亡くなり葬儀が執り行わ、そこで健太郎の母:清子から、松乃は2回結婚をしており健太郎の祖父:大石賢一郎は実の祖父ではないことを知らされた。

 

フリーのライターとして活動していた健太郎の姉慶子は本当の祖父のことを調べないかと健太郎に提案する。健太郎はバイト代をもらうことを約束してしぶしぶ慶子の手伝いをすることになる。

 

宮部を知るものに話を聞いて回る2人だったが聞けば聞くほど、誰もが口をそろえて「宮部久蔵は海軍一の臆病者だった」「誰よりも命を惜しむ男だった」と言い、よい話をきくことがまったくなかった。

 

宮部は「生きることが大切だと」と常に公言しており、戦闘の最中であってもまるで逃げるようにして遠巻きから戦況を伺うような行動をとっていたのだ。

国の為に命を捧げることが当然とされていた戦時中の日本において、宮部の言動はあり得ないものだったのだ。

 

しかし、ラバウル航空隊時代の宮部の部下:井崎から聞いた話はこれまでのものとは少し違っていた。

 

井崎の話によると宮部はとんでもなくすぐれた操縦技術をもつ航空兵であり、どんなことがあっても生きて帰ることの大切さを教えてくれた人であったと健太郎と慶子に伝えた。そのおかげて今の家族に出会えていると。

そして、心から家族のことを愛しており、家族の為に生きて帰ることを願っている人だったと聞かされた。その家族とはもちろん松乃と清子のことだ。

 

井崎の話を聞き、健太郎本気で宮部のことを調べたいとおもうようになっていく。

 

健太郎が宮部のことを調べていくうちにある疑問がわいてくる。

それだけ家族のことを思い、生きて帰ることを切望していた宮部がなぜ特攻隊に志願したのかということだ。

 

特攻隊と言えば、航空機に爆弾を積み搭乗員もろとも敵機に突っ込む攻撃で、戦況が悪化していた太平洋戦争末期に日本軍が編成した体当たり攻撃部隊である。

特攻隊員になるということは死を意味することと同じだったのだ。

 

宮部は筑波海軍航空隊で若い戦闘機搭乗員の育成にあたっていた。

宮部の教えは大変厳しく、実際に戦場にいくための試験でもそう簡単には合格を出さなかった。そのため学生たちからの反感もかったが何があっても決して暴力に訴えることはなくいつも丁寧に接していた。

しかしその教え子たちが次々と特攻隊員として出撃し、その多くが敵機に追突する前に撃墜され死んでいく様をみるうちに、宮部はだんだんと心を病んでいってしまった。

 

1945年8月、終戦の数日前に鹿屋飛行場から特攻隊員として出撃する日、宮部は大石に搭乗する機を変わってほしいと頼む。

頼まれた大石は不思議に思った。なぜならば大石が乗り込む予定の機は古い型で宮部の機は最新の型だったからだ。

大石はその時宮部の顔が、とても今から出撃するとは思えないほど穏やかな顔だったことに驚いた。

 

敵艦隊に向かい飛行中、大石の乗った機が整備不良を起こしてしまう。

なんとか前に進みたい大石機だったが途中、島に不時着する。

自分だけ任を果たせなったことに腹を立てる大石は、機の中に小さな紙切れと写真を見つける。それは松乃と清子の写真で紙切れには「もし松乃と清子が路頭に迷っていたら助けてあげてほしい」と宮部の字で書かれていたのだ。

 

宮部は出撃する直前、自分が乗る予定だった機が整備不良を起こしていることをわかっていて、それに乗れば生き残れたにもかかわらずあえてそれを大石に譲ったのであった。

 

大石は戦後松乃と清子のもとを訪れ、2人が大阪のバラックで大変厳しい生活を強いられていることを知った。

大石は、宮部が必死に守ろうとした2人がこんなに最低な生活をせざるを得ない状況に心を痛め、給料日になると米やフルーツを差し入れ二人の生活を支えるようになった。初めのころは大石を拒否していた松乃だったが、次第にこころを開いていき、大石も当初は宮部に恩を返したいという思いだったが、松乃への恋心に気づき2人はやがて結婚した。

 

■永遠の0を鑑賞して■

結局宮部が特攻に志願した理由は全編通してもはっきり描かれていなかったと思います。

ただなんとなく思ったのが、これ以上大石のような若く前途有望な若者が死ぬところを見たくないという思いと、家族を路頭に迷わしたくないという思いが、直前に戦闘機を変えて大石を生かした行動に繋がったのかなと感じました。

(宮部自身もまだ26歳であったため十分に前途有望な若者だったはずです)

 

真意はわかりませんが宮部が自分の命に代えてでも大切なものを守った事実は間違いなく、決して「臆病者」などと言われるような人物ではないということがわかりました。

きっとあの時代には宮部のように大切な人を守るために死んでいった人たちがたくさんいて、いま私が生きている世界はそういう人たちのおかげで成り立っているんだと思うと、自分の人生を大切に生きていかないといけないなと襟を正す思いがしました。

 

ランキングに参加しています!

 にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

1週間更新が滞ってしまったことについて

お久しぶりです。

1週間更新が滞ってしまって申し訳ございませんでした。

 

私ごとですが、約2週間前に妊娠していることが発覚しました。

 

先週末くらいから体調にかなり変化があり、吐いてしまうとか気持ち悪いとかそういったことはほとんどないのですが、1日中からだが重だるい感じがして、夜になると急に悲しくなって毎日泣いていました。

 

仕事もまともにできないし、家事もできないし、とにかく1日中ソファーから動けない日が毎日続いていました。

 

約5か月間、毎日ブログを更新していたので「せっかく続けてきたのに」と毎日更新をやめたことを残念に思っていました。このまま辞めようかなとおも思っていました。

 

でも再開しようと思います!

 

今まではブログを書くために少々無理もしていましたが、これからは無理をせずにゆったりつ続けていきたいと思っています。

 

あと今後はブログに新しい内容の記事を増やしていこうと思っています。

 

これから覗いてもらえると嬉しいです!

 

早速ですが明日は病院です!

心拍が確認できたら母子手帳をもらってきます!

 

また報告させていただきます。

 

[ドラマ]眠りの森

2014年1月に放送された新春ドラマスペシャル。

「新参者」シリーズ 眠りの森

 

f:id:i-panko:20210517180443p:plain


 

警視庁捜査1課の加賀恭一郎はお見合いの為、バレエ「白鳥の湖」を見に行くことになるが、興味のない内容だったため居眠りをしてしまう。

しか目が覚めた時にちょうど演じていた浅岡未緒が演じていた黒鳥に目を奪われ魅了されてしまう。

そんなある日「白鳥の湖」を主催していた高柳バレエ団の事務所で風間という男が撲殺されているのが発見される。警察はその場に居合わせたバレエ団所属のバレリーナ斎藤葉瑠子を被疑者として連行するが、不法侵入してきた風間に襲われ自らの身を守るための正当防衛だったと主張する。

 

加賀は所轄の太田刑事と組みこの事件を追うことになるが、みな口をそろえて殺された風間のことを面識のない男だといい、早く葉瑠子を返してほしいと訴える。

加賀と太田はそんなバレエ団の団員たちに対して違和感を覚える。

その違和感とは高柳バレエ団全員が何か大切なものを守るためにうそをついているというものだった。

 

違和感を解消するためになんとか風間とバレエ団の接点をつかもうとするがあと一歩のところで確証がつかめない。

そんなとき次の公演「眠りの森の美女」のゲネプロ中に高柳バレエ団の演出家 梶田が背中に針を刺され毒殺される事件が起きた。

 

最初の被害者風間と梶田の間にも接点がなく、つながりがないように思える2つの事件だったが、あることがきっかけにこの2つの事件が複雑なつながりを見せる。

 

風間を殺したのは本当に葉瑠子なのか、梶田を殺したのは?

そしてバレエ団が何を守るためにうそをついているのか、事件の真相は最後の最後まで見えてこない。ドラマだけど映画のような見ごたえがある内容だ。

 

 

■感想■

登場人物が多くて、だれがどこでつながっているのか頭の中をフル回転しながら見ましたが「この人が犯人だったか~」と着地したと思ったら「え、違うの!!」と本当に最後の最後まで真相がまったく見えてきませんでした。

 

個人的には浅岡未緒を演じていた石原さとみさんて「やっぱりすごい女優さん」だな~と思います。

今回の役が地味でおとなしいという役であまり感情を出さない役だったのに、最後の雨の中で阿部さん演じる加賀に抱きしめられるシーン(詳しくは本編をご覧ください)、文字通りとめどなくあふれ出す涙とせき止められない感情が叫びとなって表に出ていて感情移入せざるを得ないほど見ていて切なくて苦しかったです。

同じ浅岡未緒とは思えないほどでした。

あとバレリーナ姿の石原さとみさんが美しすぎでした・・・(ため息)

石原さとみさんあっぱれです。

 

 

新参者シリーズは映像作品ばかりをみていますが、本も見てみようかと思っています。

 

 

 

 

 

 

【ドラマ】リコカツにみる夫婦生活を続けるうえで大切なこと

f:id:i-panko:20210515230031p:plain


この春から始まった金曜ドラマ「リコカツ」、みなさんご覧になっていますか?

わたしは第1話をサラ~とみたことでドハマりしてしまい、毎週録画もしながら見ています。

 

リコカツは主演の北川景子さんと永山瑛太さんが交際ゼロ日婚で結婚。

結婚初夜にささいなことがきっかけで大ゲンカしてしまい離婚するためのリコカツを始めてしまうお話です。

 

離婚することを決めながらもお互いの良さに気づき本当に惹かれあい始めている2人は先週の放送で、永山瑛太さん演じる紘一が「君の傷つくところをもう見たくない。離婚は辞めよう」と言い、新たにスタートを切りました。

しかし今週の放送ではお互いの仕事のことで今までにないほどの言い争いをしてしまい結局離婚届にお互いがサインをしてしまうところまで描かれました。

 

言い争いのシーンで咲が「どうしてわたしたちこんなに分かり合えないんだろうね」と言いました。

わたしもまだ結婚3年目のペーペー夫婦なので、偉そうなことは言えませんが確かに「分かり合えない」って夫婦として結構きついかな~とは思います。

でも「分かり合えなこと」よりも「分かろうとしないこと」の方が夫婦として続けていくうえで致命的かな~とも思ったります。

 

よくかんがえれば「分かり合えない」って当然です。

夫婦とはいえ赤の他人だったわけですから、結婚したからといって夫婦になったからと言ってすぐに分かり合えるなんて無理です。(笑)(持論ですが)

 

「相手のことを分かりたい」と思って歩み寄っていって初めて分かり合えるもんではないかなと思っています。

だから咲と紘一は今現在は分かり合えていないかもしれないけど、ドラマの中で随所にお互いのことをわかりたいと思って歩み寄っている部分があるから、この二人は自分たちが思っているよりもずっといい夫婦にすでになっているような気がします。。

 

今週のダイジェスト👇


www.youtube.com

 

 

来週はとうとう2人に別れの時が迫ります。

👇


www.youtube.comm

 

来週は咲が紘一のピンチを救って2人は離婚をとどまってくれると信じています!

 

ちなみにドラマの主題歌 米津玄師の新曲「Pale Blue」がいいところで流れて感動に拍車をかけてくれます。

今週は切なさに拍車がかかりました・・・

まだ公式のMVがあがっていないので、早く曲を聞きたいです!

 

 

ランキングに参加しています!

ポチっとしてくれるとありがたいです!

テレビドラマ テレビブログ・テーマ
テレビドラマ 

 

 

 

 

 

【映画】新感染ファイナルエクスプレス

 

2017年9月 日本公開 主演:コン・ユさん

 

f:id:i-panko:20210406235324p:plain

 

 

 

 

ファンドマネジャーのソ・ソグは娘のスアンと一緒に、プサン行きのKTX101に乗っていました。

ソグと妻は別居中で、ある日娘のスアンに誕生日プレゼントは何がいいか尋ねたところ「母に会いたい」と言われしぶしぶ了承。この日はスアンを妻のもとに送り届けるためKTXに乗っていたのです。

 

スアンが出発直前にまどの外を眺めているとホームにいる駅員が何かに襲われるのを目撃します。しかしあまりにも早いスピードだったためそれが何かが分からないまま、列車は出発してしまいます。

 

ちょうどそのころ12号車で出発前の確認をしていた女性駅員のすぐ後ろに異様な雰囲気の乗客が乗り込んできました。その乗客が苦しそうに倒れこんだため女性駅員はトランシーバーで助けを求めると同時に、乗客に必死に「大丈夫ですか」と声をかけます。

しかし介抱しようとしたとたん、なんとその乗客は駅員にゾンビのように襲い掛かったのです。

そして襲われた女性駅員もゾンビとなり、次々と他の乗客を襲い列車内は地獄と化してしまいます。

 

f:id:i-panko:20210515130012p:plain

 


ありえない数のゾンビに追われ、しかも時速300㎞以上で走る電車内という逃げ道のない状況が今までのゾンビ映画では味わったことがない恐怖感を覚えます。

しかしこの映画の見どころはただの人間VSゾンビだけではないところです。

 

人の善意を踏みにじったり、傷ついている人たちを追い詰めたり、人間の汚い部分も描かれているし、逆に自らを犠牲にしてでも家族や大切な人を守ろうとする人間のあたたかさも描かれていて、「怖い」とか「ハラハラ」する感情だけではなく、「悲しい」とか「切ない」とかいろんな感情がでてきます。

 

ソグがラストゾンビに噛まれてしまい、列車から飛び降りるシーンがあります。

仕事に追われ父親らしいことができていなかったソグが最後の最後に思い出したのは娘スアンが生まれたときのことでした。

幸せそうに満足そうに笑顔を浮かべながら飛び降りるシーンは感動的でゾンビ映画を見ているようには思えませんでした。

 

f:id:i-panko:20210515130225p:plain



 

最初はあまり期待せずに見たのですが、いまではどっぷりはまった大好きな映画の1つです。いろいろな感情が動かされます。

 

U-NEXTは31日間無料トライヤル実施中です。

登録はこちらかできます⤵

 

 

 ランキングに参加しています!

ポチっとして頂けると勇気が出ます♪

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村 

 

 

 

交換するだけでポイントが増える!ポイント交換サイトドットマネーとは?

ドットマネーとはAmebaブログで有名なサイバーエージェントが運営しているポイント

交換サイトです。

f:id:i-panko:20210513220315p:plain

 

〇もくじ〇

 
■ドットマネーの仕組み■


複数のポイントサイトやアンケートサイトで貯めているポイントを1つにまとめて、ポイントをマネーに交換します。そのマネーを現金、各種サービス、他のポイントに交換することができます。

現金に交換すると手数料がかかってしまうポイントもドットマネーを経由することで現金化が手数料無料で行うことができます。

 

■ポイントサイトとのコラボキャンペーン■

◎もうすぐ終了!😢モッピー◎

5月1日~5月31日の期間限定でモッピーに新規会員登録すると最大1,000円相当のポイントが貰え、さらにドットマネーでモッピーポイントを交換すると1%増量&TOKYU POINTへの交換が15%増量するキャンペーンが開催中です。

 

f:id:i-panko:20210513223113p:plain

ドットマネーとモッピーのコラボキャンペーンはこちらをご覧下さい!

👇

pc.moppy.jp


モッピーへの新規登録はこちら

👇

クレカ発行でも口座開設でも!モッピーなら特典とポイントをまとめてGET! 



◎もうすぐ終了!😢ポイプル◎

こちらも5月限定のキャンペーンです。

ポイプルに新規登録&広告利用で最大5,000㌽+500マネーが貰えます!

さらにポイプルからドットマネーへの交換が上限なしで10%増量!!

ポイプル内でも入会後のポイント大幅UPします!

 

キャンペーン概要の確認と新規登録は下記のリンクからできます!

👇

d-money.jp


■豊富なマネーの交換先!■

ドットマネーで貯めたマネーは1マネー=1円で、現金やギフト券などに交換できます。

さらに手数料が無料です!

 

交換先はこちらのリンクから確認できます。

👇

d-money.jp



■ドットマネーモールーでマネーを貯める■

ドットマネーでは「ドットマネーモール」といってゲームやアンケートでマネーを貯めることができるサービスもあります。

 

アプリでマネーを貯める案件

👇

f:id:i-panko:20210514104646p:plain

 

 

クレジットカード発行などの広告サービスでもマネーを貯めることができます

👇

f:id:i-panko:20210514104958p:plain



■ドットマネーが使えるポイントサイト一覧■

 ドットマネーを経由してポイントを交換できるポイントサイトは下記の通りです。

 

◎モッピー👇

pc.moppy.jp

 

◎ポイントインカム👇 

pointi.jp

 

◎POM👇

galoo.jp

 

◎ハピタス👇

d-money.jp

 

◎ワラウ👇

d-money.jp

 

 

■まとめ■

わたしも複数のポイントサイトでポイントを貯めており、現金に交換することもあるので手数料無料で交換できるのはとてもお得に感じています!

期間限定ですが交換するだけでポイント増量するキャンペーンも開催されているので是非貯まったポイントを交換するときはドットマネーを使ってみてください♪

 

 

ランキングに参加しています

ポチっとして頂けると頑張れます♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村 

【映画】祈りの幕が下りる時

 

2018年公開。 主演:阿部寛さん

 

f:id:i-panko:20210513181338p:plain


 

 

■あらすじ■

アパートで滋賀県在住の押谷道子の腐乱死体が発見される。

死体が発見された部屋の住人越川睦夫は消息を絶っており、警察は越川を重要参考人として行方を追う。

捜査1課の松宮は事件現場のアパートの近くで発生したホームレス焼死体事件と押谷道子の事件に関連性があるように感じていた。

一方滋賀県に住んでいる押谷道子がなぜなんのゆかりもない東京にきていたのか聞き込みをしたところ、明治座で開催されている舞台を見に行くためだったことがわかる。

しかもその舞台の演出家、浅居博美は押谷道子の中学時代の同級生だったのだ。

松宮は従兄でもある日本橋の刑事、加賀に今回の事件のアドバイスを求めにいく。加賀は浅居博美と以前からの知り合いだったのだ。

押谷道子の事件について、特に興味を持っていなかった加賀だったが、死体発見現場の越川の部屋

に残されていたカレンダーに、毎月日本橋にある橋の名前が書いてあったと聞かされ驚く。

なぜならば、加賀が幼いころに失踪し、亡くなった母の部屋にも同じカレンダーがあったからだ。

加賀はこの事件の捜査に加わることになる。そして母の失踪の謎と、浅居博美が隠している悲しい過去が明らかになる。

 

 

 

■心に残るシーン その①■

浅居博美が母の病室を訪ねるシーン

 

浅居博美の母:厚子は、博美が幼いころから男遊びが激しく、夫:忠雄名義の多額の借金を作って失踪していたうえに無銭飲食のすえに足を怪我し老人ホームに入り浸っていました。

博美はそんな母を恨んでおり、病院を訪れたときに「あんたの淫乱のせいでお父ちゃんがどれだけ苦しんだか。あんたには地獄におちてもらう。お父ちゃんが味わった以上の地獄に」といって詰め寄ります。

そのときの博美の顔からあふれ出る憎しみと悲しみの感情が印象的でした。

涙も流していましたが、その涙からも言葉でいうだけでは抑えきれないほどの憎しみ・恨みの感情が現れれているようでした。

(浅居博美を演じた松嶋菜々子さんの演技が最高でした!)

 

 

 

f:id:i-panko:20210513181513p:plain

 

 

■心にのこったシーン その②■

忠雄と博美の夜逃げ 売店で小さいパンを2人で分け合うシーン

 

母:厚子が作った借金で借金取りに追われていた忠雄は博美をつれて夜逃げをします。

 

あてもなく逃げ続ける夜逃げのシーンは、暗く希望なんてないように感じます。

でも田んぼ道にある売店で忠雄が博美にパンを買ってあげたシーンで、博美はそのパンを2つにわけ大きいほうを忠雄に渡します。

忠雄は遠慮しますが、最終的に大きいほうを博美に渡し二人はパンを分け合いながら食べます。

お金もなく、先がないような状態でもお互いが思いあっていることがわかるシーンで胸が熱くなりました。

 

f:id:i-panko:20210513181839p:plain


 

 

■心に残ったシーン その③■

忠雄と博美の別れのシーン

 

逃げている途中のラーメン屋で横山一俊という原発作業員に会います。

横山は帰り際に「お小遣いをあげるから後で車にくるように」と言われます。

横山と別れた後、忠雄と博美は豪華なホテルに宿泊します。

博美は「こんなところに泊まるお金あるの?わたしは公園でも大丈夫なのに」と忠雄に詰め寄りますが、忠雄は「金の心配はするな」と笑いかけます。

忠雄の様子に不安を感じた博美は忠雄が居なくなったのを見計らって財布を見ますが、やはりホテルに泊まれるほどのお金なんて全くのこっていませんでした。

 

博美は横山の言葉を思い出し横山の車に向かいます。

横山は笑顔で車に入るようにいいます。博美は何をされるかわからない恐怖の中忠雄を助けるために車に入ろうとします。そして車の真横まできたときに横山に無理やり車の中に連れ込まれてしまうのです。

 

車内でとっさに割りばしで横山を刺して殺してしまった博美。

その場から離れトンネルで泣いていると忠雄が博美を探しにやってきます。

忠雄は、博美が横山を殺してしまったことを隠すために浅居忠雄自身を死んだことにして自分が横山になりすまし生きていくというのです。

それはつまり2人が一緒にいれなくなること、別れを意味していました。

 

自分のせいでこんなことになってしまったと号泣し謝る博美に対して、忠雄は「博美が夢を持って幸せにいきてくれることが願いだ。それ以外は何もいらない」と言います。

そして必ず手紙を書くからと約束し、「さようなら、博美」とつげて忠雄はその場を離れます。

しかし博美は「お父ちゃん」と何度も叫びながら追いかけ、一度はトンネルから離れた忠雄も引き返してきて再び二人は抱きしめあいます。

 

 

・・・このシーンは、いま書いているだけでも涙がでてきますね・・。

子供の為なら自分の存在を消すことさえできるなんて、親ってすごいなぁって思いました。

すごいって簡単な言葉で片づけてしまいましたけど、、、「すごい」いがい言葉見つからないです

 

 

■まとめ■

殺人事件を追うミステリーものでありますが、その事件にかかわる2組の親子の物語が見どころです。

JUJUさんが歌う主題歌「東京」もこの映画にリンクしていて感動的です。

MVが泣けるので映画と合わせてぜひご覧下さい!

 


www.youtube.com

 

 

ランキングに参加しています!

ぽちっとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村